まるも茶店のお茶

創作仕上緑茶

まるも茶店では、栽培から販売まで一貫して行っております。

毎日育つ茶葉を手入れし、製品にする。

まるも茶店では作業的にこなすのではなく、
愛情を込めて栽培、製造しています。

少量生産だからこそできる丹精込めたお茶を、是非ご賞味ください。

製造から販売まで

茶畑の栽培
栽培

店舗から数分に位置する愛鷹山の麓に、
まるも茶店の茶畑はあります。
 
静岡の温暖な気候の中、日々手入れをすることで、
まろやかで柔らかい茶葉が育ちます。

摘み取り

五月上旬に自園で、1番茶(新茶)の摘み取りが始まり
その日の内に荒茶に製造されます。

お茶の摘み取り
製茶
ここからこだわりの製茶がスタートです!

荒茶の製造工程は、初めに蒸しからです。
通常、蒸しには、普通蒸しと深蒸しと2つに分けられますが、当工場ではオリジナルの機械により普通蒸し・深蒸しの良い所を、合わせ持った独特な蒸しを致します。

蒸機

摘採された茶葉は、高温の蒸気を当て蒸します。
蒸気を当てることで、茶葉の発酵を防ぎます。

冷却

蒸された茶葉を、直ちに冷却します。
高熱から茶葉の傷みを防ぎます。

茶葉の発酵
葉打機
葉打機

熱風と回転で、茶葉の表面の蒸し露を飛ばします。

粗揉機

熱風と揉む事により、水分を少しずつ飛ばします。

粗揉機
揉念機
揉念機

茶葉に、力を加えて揉み水分を均一にします。

中揉機

作業の工程で、茶葉の表面に水分が出て来ます。
中揉機を使い、回転と熱風で乾かします。

中揉機
精揉機
精揉機

茶葉を、細くよるように形を作ります。

乾燥機

十分に乾燥させて、煎茶の元となる荒茶の出来上がりです。

乾燥機
総合仕上げ機
総合仕上げ機

荒茶の形を整えて、粉を抜き見栄えの良い形にします。

色別機

白いくきなどを、選別して煎茶とくき茶に分けます。

色別機
火入れ機
火入れ機

当店の煎茶の、味を決める一番大事な部分です。
他にはない、直火遠赤焙煎で特長のある火入れを致します。(当店では、香味焙煎と言っております。)

冷却機

火入れをしたお茶を、特別なこの機械で間接的に風を当てます。
(直接風を当てたり、自然冷却してしまうと、
湿気を呼び品質低下と、余分な火が入って味と色の激変に繋がります。)
数秒で、火入れ熱を取り除き、
直ぐ真空パックで、保存致します。

この機械のおかげで、特長のある「創作仕上げ緑茶」が
品質が変わらず、皆様にお届け出来ます。

冷却機

店舗案内

  • まるも茶店
    〒410-0302
    静岡県沼津市東椎路824-1
    TEL:055-921-2793
    FAX:055-923-2407
    MAIL:お問い合わせはコチラ
  • 営業時間
  • 10:00-19:00
  • 定休日
    火曜日
ページの先頭へ